成功したFXトレーダーになるには

###Site Name###

マネー誌などに掲載されているFXのトレーダーには、非常に多くの金額を稼いでいる人がいます。
トレードに関する書籍を出版しているトレーダーもいるので、FXを行っている人によく知られている場合があります。


このようなFXの成功者に憧れて、トレードを行っている人も存在します。

しかし、いつまで経っても上手くFXが出来ない失敗者がいます。

失敗の理由は人によって異なるでしょう。

まったく新しいFXの情報サイトが便利です。例として多いのは、利益は少額で損失が多額になる人です。



利益を出せるのですから、FXのトレードが全く出来ないというわけではないのです。それなのに、損失額が多いせいで、トータルではマイナスになる。
これではいつまで経っても成功者になれません。

利益が少額になる人は、多くの利益を取れる局面で早めに決済してしまうのか、あるいは少額の利益しか取れない無理なFXのトレードを行っているかです。


前者の場合は、慌てずに含み益を増やす練習をすると良いでしょう。



含み益が生じると、それをなるべく早めに欲しくなるものですが、せっかく大きな利益を得られるチャンスを無駄にすることはありません。



もし、どうしても早めに決済してしまうのであれば、その後に再度トレードを検討するというように、気持ちを切り替えてみましょう。
少額の利益しか取れないような状態でトレードを行ってしまう人は、多額の損失を生じさせる可能性が高い人です。

トレードのスタイルが、リスクを取り過ぎているからです。

スキャルピングのような短期トレードをしている人は5分足チャートやそれよりも短期的なチャートを見て、一時的な上昇や下落局面を狙って通貨ペアの買いや売りを判断する場合があります。
この方法は、確かに利益が取れますが、僅かです。

チャート形成が崩れる場合もあり、そうなれば予想に反した動きになり、損失が生じる原因になります。短期的なチャートで無理なトレードの判断をするよりも、1時間足チャートなどの長めの期間を示すチャートを見て、その流れが示す方向のトレードを行う方が、確実に多くの利益を得られる可能性が高いです。